金融や経済の基礎知識をセミナーを通じて学びたい人向けの情報

先ずは金融や経済を学べる内容と手段を確認

銀行主催のセミナーの概要

銀行が主催する金融や経済のセミナーでは、どのようなことが学べるのでしょうか。

例えば、投資をしたい人が資産形成を図ったり経済市場の流れを把握したりするのを希望するなら、マーケット動向を学ぶのがオススメ。FP資格保持者や企業経営者のような専門家ならではの視点から、中長期的な視点で投資をする場合のコツや経済の流れを教えてくれます。

資産形成をする際、NISAやiDeCoのような手段がアリ。セミナーで各種説明をしてくれますが、為替市場や世界経済の動向についても学ぶのも可能。特に資産形成は長期保有が良いとされるケースもあり、そのメリットやリスクヘッジのような説明が受けられます。

他には、老後の資産確保の目的で年金制度や保険に関するアドバイスも。年齢を重ねると通院や介護を必要とする可能性が出るので、セミナーを切っ掛けにして費用負担軽減に繋げるのも1つの方法です。

無料受講のセミナーもあるが

銀行が主催する金融や経済のセミナーの場合、専門家や事業経営者が講師となりさまざまな情報を教えてくれます。自分では理解が難しい内容でも、きっとイメージを抱きやすくなるでしょう。

しかし、参加費が無料の場合、銀行やセミナー主催者の金融商品購入を勧められるかもしれません。中には執拗な勧誘を受けてしまうケースも。主催者は、参加料を徴収しない代わりにお客さんに商品購入してもらう目的でセミナーを設けている側面はあります。金融商品購入を希望しない時はお断りすると良し。執拗な勧誘を受けた時は、日を改めて返事をすると伝えて立ち去るのは有効な方法です。

他には、セミナーの内容が初心者向けであっても、難解な内容が出る場合も。基礎的な部分を動画や著書などを通じて自分で復習したり、銀行スタッフに相談したりしましょう。


TOPへ戻る